2012年 03月 11日

NYで迎える震災から一年 (前編)

お久しぶりです。
2月は怒涛のように過ぎ、本当に色々あって、ものすごく学びが多くて、
色々書きたかったことはたくさんあったのだけれど、忙しくてかけませんでした。

今、僕はNYにいます。2~3年はここで音楽をがんばります。
こちらに到着して、一週間程度。グストハウスに泊まり、様々な洗礼を受けながら、まだまだバタバタとしています。この話はまた後ほど。

3.11から一年。
震災が僕に気づかせてくれたことはとてつもなく大きかった。

本当に自分が大事にしていること。
僕が僕であるために最も重要なこと。

人の役に立つ人間でありたい。
人を喜ばせられる人間でありたい。
僕の大好きな、優しい心をもつ人たちの笑顔を見ていたい。
自分自身、そんな人達に囲まれながら、
その中で、自分の存在に自信を持ちながら、
優しく生きていたい。

そのために自分の持ってるいるものをフルに活かして、
誰かを支えながら生き抜いて、自分の一生を全うして、
最後の時に、そこだけには誇りを持って死にたい。

ずっとそうやって考えてきたはずなのに、
そのために色々勉強してきたはずなのに、
僕はこの震災では、ほとんどなんの力にもなれなかった。
それまでにもっと、ずっとちゃんとやってきてれば、もっともっとできたことがあったはずなのに。

もうそんな事を繰り返す訳にはいかない。

だから今、
本当になりたい自分になるために、
僕はNYにいるのです。

この地で本当に勝負することで、自分は磨かれていくはずだ。
ここでは死にものぐるいで磨かないと、あっと言う間に埋もれてしまう、というのは、
一週間でわかった。
ちゃんと、自分のやり方で、自分の本当に大切にしている価値を、
体現できる人間になるには、それをするしかない。

渡米前の最後の一ヶ月、
本当に色々な人に出会って、
同年代の、立派な大人になった人達にたくさん会いました。
他人を幸せにしながら、自分の足でしっかり生きていた。
僕はあまりにも子供だった。
とても悔しかった。

まだまだ怖い、と思うこともたくさんある。
でも僕はこの地で、大人になるつもりです。
遅れた分、より大きな、大人に。




でも、それは自分の話。ただそれだけ。
今の社会について、考えていることを発信しなければ、
今書いたことすら嘘になる。
しかし、もうこれから出かけなければならないので、書きかけのまま、後編へ続きます。。

一言だけ。
この震災はまだ、現在進行形だ。
何にも終わっちゃいない。
[PR]

# by horinod25 | 2012-03-11 22:30 | 日々雑感
2012年 02月 01日

新曲の話

27日は新曲を4曲披露しました。

「また合う日のお楽しみ」に関しては前回書きました。

「さよならの意味」は題名どおりな曲。けじめつけますよ、的な。

今回の主題は「なんのために(仮題)」と「Your Philosophy」に関して。

なんのために(仮題)は仮題であるとおり、まだ正式な題名が決まりきってません。
そのはず、歌詞がギリギリまでできなかったのでこういう形に。2日前にやっとできたのですが、やはりちょっと練習が足らなかった感じで今回に関しては反省の多い曲の一つです。
でも、どうしても、あの場所でこの曲を歌わないわけにはいきませんでした。
この曲は映画「サウダーヂ」を見て歌詞の発想ができた曲で、みんなそれぞれに必死に生きているのに、それがそれぞれの幸せに向かわない、という、社会システムの崩壊を歌ったものです。
僕の作った曲の中でおそらく一番絶望的な曲です。というか絶望そのものをテーマにしています。
今回はいまいちうまくできなかったのですが、今後もこの曲は大事にしていきたいと思っています。

「your philosophy」は歌詞から明確にわかると思いますが、目の前の貴方に、アジテートする曲です。原発事故はじめ、さまざまな問題は、今まで零れ落ちる人を尻目に、自分たちが任せきりにして、議論も考えもしてこなかった、というツケが今自分たちに返ってきているのだと思います。なので、僕たちが主役で動き始めなければ、仮に今回の危機を乗り切ったとしても何も変わらない。悪者を作ってそのせいにしていても意味はない。そういうシステム上の問題を自分たちで変えていくことが求められていると思います。そのために作った曲です。上から目線承知で、あえて作りました。まず、土俵をたってもらわないと、一緒に考えることすらできないので。(それとは別に、人に何かを伝えることと上から目線というのはとても紙一重なのでそれ自体もよく考えなくていけませんよね。)

僕は結構チキンなので、前日くらいまでこの2曲は正直歌うのが怖かったです。最終的には、よし、と思ったのですが。色々言われるのを覚悟しなくちゃ歌えない。わざわざ、重くなるような歌がふさわしいのか、お前はそんなに偉いのか、とか、色々考えます。でも、やはり、こういう歌があるからこそ、僕に歌う意味があるのだな、と思うのです。

そういう意味で、12月に公民館や中学校でのライヴで向き合うことになった自分の歌うスタンスというものを1月27日のライヴで表現できた。そういう意味で何かを乗り越えた気がします。今後もこういう曲も大事にしながら、人間の愛を歌っていこうと思います。

今回はちょっと無粋かなあ、と思いつつ、あえて歌の説明をしました。
ご意見などがあればいつでも言ってくださいね。
そういう話をしながらより深く考えることもできるので。

では。



なんのために(仮題)(作詞作曲堀澤"DON"元)

今日も一人
ぼろぼろに疲れきった
心を取り戻すために
探した癒しと享楽

歌い手は心を込めて優しく歌う
芸人が体をはって笑いをくれる

荒れ果てた街の上にそびえ立つ
幻にしがみついて
明日も同じように過ごすために
頑張って頑張ってどこへ向かう

みんなも一緒なんだねと安心するだけ
それで終わり それで終わり

幻が消えないように
モルヒネが切れないように
選ばれた才能達が
努力は報われるはずと喉を枯らして
頑張って頑張ってどこへ向かう

知らないまま
知らされぬまま
知ろうとしないまま

何かに怯え
口をつぐんで
罪を重ねる

ああ

罪を重ねる

ah-

今日も人が溢れていく




Your philosophy(作詞作曲堀澤"DON"元)

圧倒的に間違っていく世の中で
その責任者が間違いなく僕だ
大事なことまでまるで他人事さ
もう沢山なんだ言い訳は

政治家さんがいいそうな無味無臭の
空虚な綺麗事いって安心かい?
それが大人になるっていうことかい?

君の理想は なんだったんだい?
なぜ間違った 

Your philosophy
問われてるのは君だ
Your philosophy
いつまで知らないふりだ
philosophy

君の一挙手一投足で
暴き出せ リアルを
本当のことを


愚痴ばかりのサイレントマジョリティが
腐りきったパワーを支え続ける
自ら奴隷になった市民よ目を覚ませ

次の世代に 何て言うんだい?
なぜ間違った

your philosophy
問われてるのは君だ
your philosophy
問われてるのは僕だ
philosophy

君の一挙手一投足で
照らし出せ 未来を
さあなんとかいえよ
[PR]

# by horinod25 | 2012-02-01 14:21 | 音楽の話
2012年 01月 31日

愛に囲まれて、また会う日のお楽しみ

1月27日@錦糸町REBIRTH、堀澤"DON"元日本ラストライブ「また会う日のお楽しみ、無事終了しました!!
来てくれた方々、応援メッセージをいただいた方々、ほんとにどうもありがとう。
19時3分開演。22時58分終演。約4時間の長丁場、見て、参加してくださってありがとう。
間違いなく、過去最高のライブになりました!ありがとう!!

 大和田慧ちゃんがちょっとだけその模様をアップしてくれました!
 堀澤"DON"元 YEAH! YEAH!

 (ライブの模様はもう少し時間ができたらできる限り全部アップしたいと思っています。)

今回は自分にとっても自分のアーティストとしてのやりたいこと、立ち位置を明確に表現できた、という実感があります。その意味で、新しい、そして、決定的な一歩を踏み出せたと思います。
それもこれも、バンド、出演者、お客さん、会場スタッフ、みんなのおかげ。こんなにみんなの愛にかこまれて、応援されて、いるのだな、と思いました。与えてもらった愛を、音楽で世の中に広げていくことがこれからの僕の使命だと思っています。

僕の音楽のテーマは「生命力」で、ジャンルは「踊ってしまう童謡」といっています。僕はリズム、体が動いてしまうこと、そこに自分の道を感じ価値を置いて、音楽をやっています。しかし、本当に体を制御されてしまうようなリズムを繰り出すこと、そこにおぼれられる空間を作ることはとても貴重なことです。僕もあまり経験ありません。ことに日本では。
だから、自分はそこを追及しようとしているのですが、今回はそこに結構近づけたんじゃないか、と思っています。(もちろんそこにはまだまだ先があるので「近」という言葉を使いますが。)

それはもう、僕の音楽に力を尽くしてくれた、バンドメンバーの力の賜物としかいえません。感謝の気持ちを表しても表し切れないくらいです。
今回もやりましたが、僕の昔作った曲の「ニヒリズムをぶっ飛ばせ」という中に、

「このグルーヴが体叩いて踊りたいならそれが本能」

というフレーズがあるのですが、今回ほど、それを心から本気で今そうだろう?という気持ちでやれたのは初めてでした。音楽に人生を捧げ、たゆまぬ努力とこだわりを続けてきた、それぞれの力のあるアーティストがそれぞれの個性、哲学で、フルパワーで僕の楽曲にぶつかってくれて、ひとつの大きなうねりを作り出していくこと。それを一番近くで体験できました。ほんと、こんな幸せでいいのか、と思いました。一つのグルーヴに向かっていく感じは、もう練習で言葉が要らないほどでした。
この感謝の気持ちは途方もないもので、ほんとに夢を現実にしてくれた、感じです。僕一人では決して、あの説得力は生まれない。本当にありがとう。
音楽的にも精神的にも僕を支えてくれた、堀澤"DON"元BANDメンバーはじめ、あゆみさん、西井くん達出演者には最大の感謝と尊敬を送りたいと思います。僕の誇りです。
僕は今回はこんなに幸せでしたが、自分自身はまだまだ力不足を痛感してます。これから、修行のたびに出ますが、帰ってきてあの場にいて引けをとらないように、パワーアップして帰ってきます。そして、これからも、こういう音楽の場所で、もっと高みにいけるように、ギリギリでやっていきたいと思ってます。

そして、今回のライブでは来てくれたお客さんもホントに素晴らしかった。今回は初めて、告知段階から参加型であることを書きました。ホントにありがとう。みんなであの空間を作り上げれたことを本当に嬉しく思います。一人かけてもあの空間は出来上がらなかった。みんながそれぞれの生命を燃やし、表現者として、あの場にいてくれました。みんながみんなで、そうあってくれてはじめて、音楽の中でみんなでつながれる、幸せな空間が生まれるのです。感謝。感謝。

僕が人前で音楽をやるのは、自分が音楽によって、そこに込められた人々の心によって、何度も救われてきたから。
世界が平和になって、世の中の人々が幸せに包まれて、ほしい。そんな世の中に自分は住みたい。と、ずっと思ってきました。そのためにどうしたらいいんだろうか。僕の人生をどう使って、意義のある一生を送るのか、生まれてきて良かったと満足して死ねるのか、ずっと考えてきました。
自分の今の答えは、音楽を通じて、訴えるということ。自分が気づいたことを素直に表現して、気付き合いたい、そして一方で、自分の愛する音楽をどこまでも純粋にやって、感じ合いたいのです。
そのために音楽をやっている、というのを、今回は今の自分なりに出せたのではないか、と思っていて、その部分で、ものすごく充実感があります。

しかし、平和や幸せ、は考えれば考えるほど、難しい。実は気楽に言えるようなことではなくって、どうしても、争いや、忘れ去られていく人を生んでしまう。ある方から見たら理想でも、もう一方から見たらものすごく暴力的。そんなことばかりです。だから、簡単にそれを口にしてしまえば、見えないままのものを見えないままにしてしまう。現実逃避のためなら僕が音楽をやる意味はない。現実を変えるために音楽をやりたい。一人ひとりが現実を変えていくためのパワーになるための音楽をやりたい。
だから、現実を直視する、という視点を大事にしたい。みんなが、いや自分自身も、見たくない、と思っているようなこともさらけ出していきたいと思います。そういうところでは、頭を絞って勉強しながら、音楽を作って歌っていきたいと思います。
今現在の世の中の状況を考えると僕はそれを肯定できません。そしてそれは、自分達の生活の土台のことです。そうしたことを考えると僕自身絶望的な気持ちになることが多々あります。でもじゃあそれをどうしたら、他人任せではなく、自分達でこの状況を変えられるのか、というと、まずは現実を直視することからです。自分たちにはやはりミスがあったし、それに向き合わないと始まらない。その意味で、絶望的になることも必要なのかとも思います。
重くなる、とか、上から目線、とか言われようが、本当に人と人とが感じあう喜び、それが溢れる生活空間ははそうした絶望を乗り越えた先にあるのだ、と思います。
色々言われるかもしれない、もしかしたら自分の歌が凶器になるかもしれない、ということも知った上で、そうしたことも堂々と歌っていきたいと思います。
自分たちを見つめ、自分たちの幸せをつかむことができるように、という、自分の思いを形にしていきたい。それが、ステージ上のMCで触れた、絶望を忘れる音楽じゃなくて絶望を食い止める音楽をやりたいということの意味です。とりあえず、原発都民投票、実現しましょうね。

27日最高に幸せでした。僕はこうしたメッセージを振りまきながら、受け取った愛を広げてるために、これからも必死に音楽をやって行きます。そしてもっともっとパワーアップして帰ってきます。みなさんもそれぞれの立場、環境、哲学で、毎日を生き、表現して、もっと幸せな世の中をつくることに繋げていって欲しいなと願ってます。僕は音楽で全力でサポートしていきますから。

今度会うとき僕らがどうなっているのか。
また会う日のお楽しみ。
ありがとう!!!




1月27日セットリスト

第一部
堀澤"DON"元トリオ(DON、眞木修、福井豊)
1、いつもと同じ
2、Survive
3、僕は満点
4、なんちゃら行進曲

松嶋英生
5、運命
6、考察の歌(with DON)

大和田慧
7、You got a friend
8、僕らは友達(with DON)

堀澤"DON"元デュオ(DON、眞木修)
9、光年
10、山焼き
11、さよならの意味(新曲)

河野智行
12、恋愛小説
13、TAXI DRIVER BLUES(with DON)

佐藤歩
14、細胞ソング
15、かもめの歌(with DON)


第二部
堀澤DON元ソロ
16、なんのために(新曲)

堀澤"DON"元BAND
17、Your Philosophy(with acoustic guitar 佐藤歩)(新曲)
18、生きている
19、君の心臓(with electiric guitar 西井昌明)
20、ニヒリズムをぶっ飛ばせ(with electiric guitar 西井昌明)
21、ロールキャベツ
22、さ・れ・ど
23、YEAH! YEAH!
24、そこへ帰る
25、GO!!
26、また会う日のお楽しみ(新曲)

アンコール
みんな
27、ハトの楽団


堀澤"DON"元BAND
Vo. AG. 堀澤DON元
EG. 眞木修
Ba. 有瀧敬之
Dr. 秋元清実
Per. 福井豊
Key. 大関麻子

ゲストアーティスト
松島英生
大和田慧
河野智行
佐藤歩
西井昌明




また会う日のお楽しみ(作詞作曲堀澤”DON”元)

バイバイバイ
バイバイバイ

あなたに会えるそのことだけで
わくわくしたよ いつだって

出会った分だけ響きあってきた
あなたがいたから僕がいる
今度会うときは見違えるのかな
小じわが増えてても愛してるから

寂しくなったって ぼくらがみてるのは もっともっと先の先の夢
だから 今こそ
バイバイバイどうもどうもありがとう
バイバイバイまた会える
どんな時にも歌を忘れぬように
ずっと踊ろう夜が明けるまで
もう僕らには歌が溢れてるね
心配いらないさ朝になっても

あなたに会えるそのことだけで
わくわくしたよ いつだって

寂しくなったって それぞれの未来の 生き様に力を込めて
手を振ろう 今こそ
バイバイバイどうもどうもありがとう
バイバイバイまた会おう
どんな時にも幸せ諦めぬように
僕と約束だ硬い約束だ
ワクワクするね僕らの行く末に
また会えるの日のおたのしみ

もう僕らには歌が溢れてる
心配いらないさ朝になっても
ワクワクするね僕らの行く末に
また会えるの日のおたのしみ
[PR]

# by horinod25 | 2012-01-31 07:39 | LIVE
2012年 01月 27日

ついに今日。

ついに1月27日を迎えました。
集大成。存分にご覧に入れます。

当日予約もギリギリまで承りますので!是非よろしく!

1月27日(金)@錦糸町REBIRTH
堀澤”DON”元日本ラストライヴ
「また会う日のお楽しみ」
堀澤”DON”元BAND ゲスト:大和田 慧/佐藤 歩/松嶋 英生/河野 智行

OPEN 18:30 START 19:00 CH(前)¥2.000 (当)¥2500


堀澤”DON”元BAND
Vo. AG. 堀澤"DON"元
EG. 眞木修
Ba. 有瀧敬之
Dr. 秋元清実
per. 福井豊
Key.大関麻子
and guest musician
EG.西井昌明
AG.佐藤歩


ゲスト
佐藤歩
大和田慧
河野智行
松嶋英生


※堀澤"DON"元のライブは皆さんで作るライブです。お客さんも見るだけでなく、ドンドン参加しましょう!
皆さんなりに音に対峙して、踊るのも歌うのはもちろん、簡単な楽器を持って来て、音を鳴らすのも大歓迎!!
CD持ってる方はコーラスを練習してきて、勝手にコーラス付けるのもあり!
楽器が無い方もそのへんを叩いたり音出しましょう!(おすすめは足拍子だったりします。)
周りを気にすることなく、自分のそのときやりたいなと思うこと、皆さんの存在感をドンドン出してください。
もちろん、胸を張って、動かない、寝る、のもアリです!
僕からのお願いはひとつだけ。自分なりに、できる限りかっこよくやりましょう!


錦糸町REBIRTH
http://www.will-company.jp/rebirth/top/

■JR錦糸町駅より
・南口を出て左へ。信号を渡り「楽天地」の中を通る。
・楽天地を通り抜け、直進。突き当りの左手のB1
(手前の角に「ホテルアイム」。正面が教会になります。)
徒歩 4分

■地下鉄半蔵門線 錦糸町駅より
・2番出口を出ると左手に「楽天地」の入口があるので、その中に入る。
(出口よりUターンするような形になります。)
・楽天地を通り抜け、直進。突き当りの左手のB1
(手前の角に「ホテルアイム」。正面が教会になります。)
徒歩 2分
[PR]

# by horinod25 | 2012-01-27 13:13 | LIVE
2012年 01月 22日

さあ、さ、一週間切る。

いやー盛りだくさんだ、ラストライブ。やることが。
もう一週間切ったんだね。ふうううう。
みんななかなかあえなくなっちゃうから、是非みんなにあいたいな。
いいバンドでいいライブするからさ!
よろしくね!

以下告知。

来月渡米を予定している堀澤”DON”元です。
お世話になったみなさんに感謝を込めてラストワンマンライブをやります!
最高のバンドで、限界ギリギリ、渾身のショーをお届けします!
是非ご参加ください!

1月27日(金)@錦糸町REBIRTH
堀澤”DON”元日本ラストライヴ
「また会う日のお楽しみ」
堀澤”DON”元BAND ゲスト:大和田 慧/佐藤 歩/松嶋 英生/河野 智行

OPEN 18:30 START 19:00 CH(前)¥2.000 (当)¥2500


堀澤”DON”元BAND
Vo. AG. 堀澤"DON"元
EG. 眞木修
Ba. 有瀧敬之
Dr. 秋元清実
per. 福井豊
Key.大関麻子
and guest musician
EG.西井昌明
AG.佐藤歩


ゲスト
佐藤歩
大和田慧
河野智行
松嶋英生


※堀澤"DON"元のライブは皆さんで作るライブです。お客さんも見るだけでなく、ドンドン参加しましょう!
皆さんなりに音に対峙して、踊るのも歌うのはもちろん、簡単な楽器を持って来て、音を鳴らすのも大歓迎!!
CD持ってる方はコーラスを練習してきて、勝手にコーラス付けるのもあり!
楽器が無い方もそのへんを叩いたり音出しましょう!(おすすめは足拍子だったりします。)
周りを気にすることなく、自分のそのときやりたいなと思うこと、皆さんの存在感をドンドン出してください。
もちろん、胸を張って、動かない、寝る、のもアリです!
僕からのお願いはひとつだけ。自分なりに、できる限りかっこよくやりましょう!


錦糸町REBIRTH
http://www.will-company.jp/rebirth/top/

■JR錦糸町駅より
・南口を出て左へ。信号を渡り「楽天地」の中を通る。
・楽天地を通り抜け、直進。突き当りの左手のB1
(手前の角に「ホテルアイム」。正面が教会になります。)
徒歩 4分

■地下鉄半蔵門線 錦糸町駅より
・2番出口を出ると左手に「楽天地」の入口があるので、その中に入る。
(出口よりUターンするような形になります。)
・楽天地を通り抜け、直進。突き当りの左手のB1
(手前の角に「ホテルアイム」。正面が教会になります。)
徒歩 2分

ご予約は
horinod25アットマークhotmail.com
まで。お待ちしてます!
[PR]

# by horinod25 | 2012-01-22 23:10 | LIVE